ヒーローが変わった

ずっとずっと憧れて、大好きなプレイヤーがいました。インタビューをして、文字起こして分析もして。どんな風にメロディーを吹くか、どこに装飾を入れて、どこでアーティキュレーションを入れて、どこにアクセントがくるか、どんなノリか、細かく研究してはまねて、をここ数年繰り返していました。まさに彼女は私のヒーローでした。こんな風に吹きたい!って思いがいつもあって。

けれどもいつしか、ただの真似だけじゃなくて、私は私の好きな演奏が出来るようになってきて。自分らしさも出てきて。このままこのスタイルに落ち着くのかなと思っていて、そろそろアイリッシュの録音も残したいなんて、思っていたのです。が。

 

ちょっとずつ膨らんでいた、もう一歩踏み込んで行きたい、今の自分のスタイルに無い部分を深めていきたい、という思いと、とあるプレイヤーとの出会いがきっかけで、また、スタイルについて悩める(わくわくした)日々が続きそうな予感。

 

もしこの人のスタイルを研究していくとなると、アンブシュアから変えなければいけません。

それは、今までのスタイルとは一旦完全に離れなければいけない作業。

全く別人の演奏になる、とまでは行かないかもしれませんが、今後自分の演奏にどんな影響が出てくるのか、まだ分かりません。もしかしたらまた元に戻るかもしれないし。使い分けが出来るのが一番理想ですが。

私の場合、様々なミュージシャンと演奏させて頂いたり、ジャンルもアイリッシュだけでは無いので、その影響もどう出てくるか。

 

I will See.

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ヒーローが変わった への1件のフィードバック

  1. yoko koshin より:

    知世さん

    いろいろ迷い悩んで下さい。長年の経験から—迷い込んだ道も無駄足にならず、不思議とちゃんとリンクされていくのが興ろいと思います。楽しみにしています。そうそう、この4月から大阪に引っ越しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中